血液中の悪玉コレステロールが増加すると、ドロドロとした固まりやすい血液になり、動脈硬化や循環器系疾患の原因となります。
生活習慣病の一つであり、食事や運動で解消する事は可能でありながらなかなか実行するのは難しい人も多いのが現状です。
血液さらさらにする事が健康上好ましいと言われています。
※このウェブサイトも参考になります。
食物でコントロールする事も可能で、効果のある食品もあれこれ紹介されていますが、最近注目されているものにEPAと呼ばれる成分があります。
青魚に豊富に含まれるこのEPAは、料理すると減少してしまう特徴があります。
高い効果をそのまま体内に補給するには、魚を生で食べる、サプリメントを取り入れるなどの工夫が必要になるようです。