ホルモンが食べたいと思うのは、それだけのおいしさがあるからです。
それも新鮮なホルモンでなければいけないのは、独特の食感も失われますし、旨みもなくなってしまうところを敏感に感じるところができるからでしょう。
池袋の炭火焼ホルモン ぐうが病みつきになってくるのも、それだけ新鮮な焼肉を楽しむことができるからです。
こうした店舗というと、どうしても脂で汚れていることがうまさの照明と勘違いしてしまうこともあります。
食という意味で考えれば、これは大きな間違いです。
女性でも入りやすいきれいな店舗になっていますし、楽しい食事にすることもできるでしょう。
この辺りのコンセプトの違いも店舗の魅力となってくるのですから、一回は試してみないと損なお店になっています。
元気な対応を見ているだけでも、この店は安心できると感じられるのですから、ホルモンが食べたいと思ったときには、選択肢のトップに挙がってくることは間違いありません。