長時間パソコンのモニターを見ながら作業をしていたり、ゲームをずっとやり続けていたりすると、眼に鋭い痛みが走ることがありませんか。
もしかすると、それは眼精疲労によって起こった、ドライアイの症状かも知れません。
ドライアイと言いますと、眼の乾きばかりが問題視されがちで、単に潤いを与えてやれば良いと考えている人も少なく無いみたいですが、それだけでは十分な症状の改善につながらないこともあると聞いています。
何でも、眼が乾燥すると、目の表面が凸凹(デコボコ)になるそうで、これを治療するには、涙に似たような潤いを与え、水分補充する以外にも、目の粘膜を修復・保護することが必要だとか。
従来のドライアイ用点眼薬は、涙に似た作用をもたらすものが多く、潤いで渇きを癒やし、眼にヴェールを与えたりすることを主な目的としていたように思いますが、ここ最近は、涙と粘膜に働く点眼薬も登場しているようです。
その点眼薬をさすと、乾きはもちろん、痛みやゴロゴロとした異物感、かすみや、まぶしさなど、粘膜の異常からくる症状の改善を期待出来ると言います。
眼科で処方してもらわなくて使えませんが、引かない眼の痛みや渇きに悩まされている皆さんは、医師との相談の上で、この点眼薬を新しい治療方法として、利用してみてはいかがでしょうか。
デコボコアイ.JP | 大塚製薬