交通事故の被害に遭われた方の中には、その後の生活に不自由さを強いられることとなる後遺障害が残る可能性があります。
これが実に厄介な話で、事故直後には発症していなかったり、その異変に気づいていないことが多く、事故そのものの嫌な思い出を忘れかけてきた頃、それが発症するケースも珍しくありません。
このような事故発生からタイムラグが生じた発症の場合ですと、すでに慰謝料についての話し合いは成立しているでしょう。
では、後遺障害が発覚した後は、自身でそれに対応するしかないのでしょうか?その答えはノーです。
後遺障害について、それを認定されれば、慰謝料の変更を請求することもできるのです。
そのためには、現在発症している症状が交通事故が起因していることを証明しなければなりません。
これが意外に難しいそうなので、まずは弁護士に相談することから始めましょう。
その申請手続きから、認めてもらうまでのサポート、その後の慰謝料再申請まで、弁護士があなたに代わってその交渉に当たってくれます。
ちなみに弁護士の選び方としては、交通事故の判例実績の多い方、医学の知識や交渉力に長けている方を探すと、さらに磐石の布陣で交渉を優位に進めることができるでしょう。

http://baishoukin.com/baisyoukin/