近視を矯正するためには、まずは近視が起こる仕組みを知っておくことが大切です。
近視では、眼球から取り込んだ光が網膜にピントを合わせずに屈折しまう状態になっています。
よって近視を矯正するためには、めがねやコンタクトレンズを使ってこの屈折率を調節するのが一般的になっています。
ここで、オルソケラトロジーという新しい近視の治療方法があります。
この方法では、患者さんの目にあった特殊なコンタクトレンズを用います。
専用のコンタクトレンズを眠っている間に装着することで角膜を正しい形に固定し、正常な屈折率にするのがこの治療方法のメカニズムです。
眠っている間にオルソケラトロジー専用のコンタクトレンズを装着すると、起きた時には角膜の形と屈折率が正常に近づいているので一時的に視力が回復した状態になっています。
元々の近視の状態や、睡眠時間の長短によりまして効果は人それぞれ異なりますが、この状態が持続する時間は次第に長くなり起きている間には裸眼での生活が充分可能になる方も少なくありません。
オルソケラトロジーを近視の治療に取り入れている眼科医はまだ少なく、また眠っている間に特殊なコンタクトレンズを使用するという方法であるため、この治療を受けるにあたっては経験の豊富な医師のいるクリニックを選び、治療方針などの説明をきちんと受けられるかどうかを最初に確認しておくことが大切です。
オルソケラトロジーを眼科で治療。東京 池袋 眼科・松原クリニック。