先日クリニックに定期検診に行った時に新しく知った「セレック」という治療方法に注目しています。
むしばなどの治療においてまずは悪い部分を切削したあと、精巧な3Dカメラによってその切削した部分の型を正確に撮影し、画像をスキャンします。
この所要時間は5分程度と短時間で、いつものように口を開いているだけで痛みなどを感じることなく終わるそうです。
そしてスキャンを行ったデータは、コンピューターで前後や上下の歯の位置がどのような配置になっているかなどを確認し、その人にあわせて詳細を設定した後にコンピューターを使用して設計や変更、微調整などを細かく設定を行った上で補綴物を常時変わらぬ品質で保存することが出来ます。
コンピューター上で自分だけの設計が終了したら、削り出す機械にデータが取り込まれ、その場で被せ物となるセラミック作製が行われていきます。
一般的な被せ物の型を作るより、驚くほど短時間で高精度の型が出来上がるそうで、歯科技工士に頼ることなくクリニックにある機械でオールセラミックの補綴物を作ることができるので、通常のオールセラミックに掛かる費用のほぼ半分程の料金で高い品質をほこる補綴物が作成できます。
いろいろ知り時間のない自分にぴったりの治療方法だと思いましたので、むしばにならないのが一番ですが魅力的だと感じました。